社長コラム

三国志から学ぶ(その17) 情報分析力

前回コラムは 対話力の基軸となる情報発信力(伝える力)について、三国志のリーダー、軍師達の実例を交えて語った。今月コラムでは情報発信力(伝える力)を行う上で、重要な位置づけを占める事実・状況・シミュレーション等の情報分析力について考察していきたい。
(注:劉備玄徳=劉備 ・曹操孟徳=曹操 ・孫権仲謀=孫権 ・諸葛亮孔明=孔明 ・司馬懿仲達=仲達 ・周瑜公瑾=周瑜)


そもそも情報とは一体何であろうか?広辞苑には「状況の知らせ、事がらのようす、なりゆきなどの知らせ」とある。天下統一を目指した織田信長は、戦国大名の中でも最も情報収集(国内外の状勢等)に力を注いだと言われている。孫正義も「情報を制する者は市場を制す」と述べている。現代企業経営においても情報の重要性は益々増してきている。他者よりも早く情報収集する目的は、収集した情報の分析データを用いて、他に先んじて的確な判断、決断を下すことで、優位性を保つことにある。これにより、その準備、段取りに使う時間が確保できる。情報分析は大きく2つあり、外的なもの(国内外の状勢等)と内的なもの(自分達が今置かれている現況分析)がある。


中国故事、孫子の兵法には「彼を知り己を知れば、百戦してあやうからず」と書き記してある。彼とは外敵の情報分析、己とは自分と自分を取り巻く情報分析である。この2つを知れば百戦しても負けることはないと言う意であろう。もし内外の情報分析をしないとすれば、見込み違いが生じ判断を誤る。その原因は ①情報不足 ②思い込み ③慢心である。これにより日本の戦国大名は滅んだ。内外の正確な情報分析が的確な判断、決断につながることは疑う余地もない。それら内外の情報分析、的確な判断を行う役割が軍師(蜀の孔明・魏の仲達・呉の周瑜)であり、そして、彼ら軍師達の情報分析、判断に基づいて最終決断を下す役割が、最高責任者である国主(蜀王の劉備・魏王の曹操・呉王の孫権)であった。


天才軍師孔明と仲達共に情報分析には大変長けていた。では、彼らはどうやって頭の中を整理し、どのようにして的確な判断を行ったのだろうか?孔明と仲達は共に兵法に精通しており、その豊富な基本知識、原理原則を基盤にした応用展開力、加えて実戦経験を積みながらのフィードバック分析等、高い学習能力からくるものであろう。これにより知見(知識と経験から学んだノウハウ)を深め、その知見は兵法だけにとどまらず、あらゆる分野に精通していた。


それらの知見により物事の本質が捉えやすくなり、頭の中の引き出し(DB化)が整理されたと思われる。その結果、孔明、仲達の頭の中で整理された多くの引き出しが物事の本質とシンクロ(同期)して的確な判断となったのではないだろうか・・・その分析手法としては、現在の自軍が置かれている現況と戦力分析したSWOT分析(自軍の強み・弱み・機会・脅威)が一般的ではあろう。ただ孔明と仲達が他よりも特に優れていた分析手法が3つある。

1. 「要因解析」- 事実から物事の因果関係を測る。問題点は何か?その原因は何か?を分析する。

2. 「反実仮想性」- 事実と反対のことを想定する。「もし~だったら…だろうに」というように 事実を基にした「要因解析」とのバランスをはかる。

3. 「シミュレーション分析」-「要因解析」と「反実仮想性」の2つの分析を組みあわせて、いくつかのパターンを事前に想定し、手を打っていく。また事態の流れ、変化を事前に予測分析しプロセスと流れを読む。そして流れの先にあるものを読み込む。孔明、仲達共に人の心を読み解く洞察力は他を圧倒していた。そのための情報戦を得意としていた。


三国志は曹操と劉備の死を境に、蜀と魏の軍師、孔明と仲達との壮絶な戦いがここから始まる。蜀の軍師である孔明は、亡き劉備の遺言で蜀の存続を託され、そのために自分が生きている間に北の脅威である魏を征服し、自分が亡くなった後の蜀の安泰を図った。そこに立ちふさがったのが魏の軍師である仲達である。孔明、仲達、両軍師の知恵比べである。


有名な「空城の計」では、空城で一人孔明が琴を弾き、仲達が孔明の罠かと警戒し軍を撤退した。これにより蜀軍は危機を脱した。「上方谷の戦い」では、兵站(武器弾薬・兵糧補給の確保)に両軍が奔走し情報戦を繰り広げた。現代経営における、SCM分析(物流=ロジスティックス)である。蜀軍孔明の火責めが功を奏したかに見えたが、突然の雨で魏軍の仲達は命拾いした。三国志のクライマックスは、孔明の生前最期の戦い、「五丈原の戦い」である。先に述べた事実と反対のことを想定する「もし~だったら…だろうに」という「反実仮想性」が思い浮かぶ。孔明は五丈原で魏軍と対陣している最中に病死し、蜀軍は陣を引き払って帰国しようとした。孔明が死んだと聞いた魏軍の仲達は追撃を始めたが、蜀が反撃の構えを示すと、孔明 が死んだと見せかける計略だったのではと疑い、あわてて退却したという。「死せる孔明、生きる仲達を走らす」は故事として今も語り継がれている。孔明は死んでもなお、魏軍仲達を翻弄させた。孔明最期の劉備への忠義は見事であり美しい。


孔明、仲達、周瑜の軍師達に求められたのは、情報分析に基づいた的確な判断力であった。そのために欠かせないのが感情コントロールである。人間には誰しも感情はある。彼らは常に自分自身の冷静さを保つことに努めた。何故なら感情が思考を消すからである。思考とは考えること、理解力、ロジックであり、物事を客観視しながら評価、分析を行い、抽象的なものを具体化し、問題の本質(根っこ)を探り出し、正しく検証する力である。そのためには、いつも頭の中を整理する。感情コントロールしていかに冷静な判断ができるか?感情が思考を消すことを忘れてならない。


最近は第三次AI(人工知能)ブームの到来で、AIと連動するビックデータ分析が注目されている。ビックデータを食材、AIを料理人に例えると、その関係性は食材(データ)がないと料理人(AI)は料理が出来ない関係にある。AIという料理人は料理のレシピ(クックパッド)をつくり、それがDB化していく。多くの時代を経て、今我々はそういうデータ社会に生きている。今後データ提供型ビジネスがますます浸透していくことだろう。ただ情報分析(データ)は目的に対する手段であり、目的はデータを用いて判断、決断することである。データにも定量データ(数値化できる)と定性データ(数値化できない)ものがある。数値化、共通化できない定性データをどう分析し、判断材料に生かすかが今後の課題となる。


前回コラムのテーマが情報発信力(伝える力)キーワードを表現力とするなら、今回テーマの情報分析力のキーワードは考える力(思考力)であった。今月3月11日で東日本大震災から7年が経った。震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りする。次回コラムは、リスクを事前に読みとるためのリスクマネジメントについて語っていきたい。


平成30年3月27日


 

過去コラムはこちら